ニキビの原因

ニキビの原因

みなさんこんにちわ。スキンケア研究会代表の安室です。

 

今回はニキビの原因をまとめます。
やみくもに様々なことにチャレンジするのは時間も肌にもよくありません。

 

大事なのはそもそもなぜニキビができるのかを理解することです。
ニキビの原因がわかれば、ニキビの治し方を導くことも容易です。

 

なので今回はニキビの原因を探り、改めてニキビの治し方を復習しておきましょう。

 

ニキビは毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことでできます。
そのため皮脂が多く分泌する部位にできやすいのです。

 

詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質がたまります。
この状態が黒ニキビまたは白ニキビと呼ばれるものです。

 

女性の場合は化粧品の使用は毛穴を詰まらせ、にきびを悪化させる場合があります。
チョコレートなどの甘いものも良くないと言われます。
ただ、医学的にはそこまで気にする必要はありません。
皮膚科専門医曰く、毎日食べるのは問題だけれど、週に1〜2回程度食べる分には問題ないそうです。

 

思春期に発生するものは男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量移行に対する反応であることが多いです。
そのためほとんどの人では、その反応は時間がたつにつれて減少します。

 

その結果、20代前半までにはにきびは改善するか少なくともその数を減じるでしょう。
しかしホルモン分泌の乱れや、睡眠不足やストレスや食生活などの不摂生な生活によっても皮脂分泌過剰で再発することもあります。

 

みなさん、以上がニキビの原因になります。
ニキビは人によってはできやすいですが、それなりに原因があります。
ここで学んだことを忘れずに、しっかりとニキビを治しましょう。

 



 

>>トップページへ戻る