頬のニキビの治し方

頬のニキビの治し方

朝起きて鏡を見てびっくり・・・頬にでかでかとニキビができているじゃないですか。
なんで?なにがいけないの?

 

そう思っても今更どうしようもありません。
あとはいかに早く頬のニキビを治すかということを考え・実践しましょう!

 

ということで、今回は頬のニキビの治し方をご紹介します。

 

頬は面積が広く、髪の毛で隠すこともできませんのでニキビが目立ってしまいます。
そのため頬のニキビでお悩みの方は多いでしょう。

 

頬のニキビの治し方で気をつけなければいけないことは、焦らないことです。
あせってニキビをつぶそうとして、跡が残ってしまうパターンは絶対に避けなければなりません。
ここでしっかりと頬のニキビの治し方を学んでおきましょう。

 

頬のニキビの原因

頬のニキビの原因は大きく分けて5つあります。
1、寝るときの姿勢や肌に合わない洗顔料
2、ホルモンバランスの乱れ
3、ストレス
4、食事内容
5、肝臓機能の低下

 

本来頬は皮脂が少ないのですが、上記が原因でニキビができやすい人がいます。
特に日頃からストレスをため込んでしまいホルモンバランスが崩れ肌が乾燥してしまいます。
さらに糖分や脂肪分が多い食べ物を摂取したり、寝るときに枕に肌が触れることで汚れが肌についてしまうことでニキビができやすい状態になってしまいます。

 

 

頬のニキビの治し方

それでは頬のニキビを治すためにはどうしたらいいのかを考えましょう。
ストレスをため込まないことはもちろん、できるだけ野菜中心の食生活に移すことです。

 

そして原因で最初に挙げた、寝相が悪い人は枕カバーを毎日清潔にすることが大事です。
睡眠中は体の水分がもっとも蒸発する時間です。
ですから、枕カバーは汗や髪の毛、ほこりなどで汚れがべっとりと付着しています。
そこに肌をこすり付けることで肌が不潔になっていくわけです。

 

また、寝る前にしっかりと肌を綺麗な状態にして保湿することが大事です。

 

お風呂で自分にあった薬用洗顔料を使い一日の汚れを落としましょう
お風呂から上がったらすぐに薬用化粧水で潤いを与えましょう。
最後に薬用保湿液で水分を閉じ込めれば夜も安心して寝れます。

 

毎日のしっかりとしたスキンケアが頬のニキビの治し方の基本ですね。

 

>>トップページへ戻る